【交換手順あり】MacBook 12インチ 劣化したバッテリーを交換したら快適になった

記事内に広告が含まれています。

交換手順あり MacBook 12インチ 劣化したバッテリーを交換したら快適になった

中古でMacBook 12インチ(Early 2005)を購入しました。目立った傷もなく、程度が良かったので、バッテリーの状態は気にしないようにして購入しました。さっそく、初期セットアップをしてバッテリー状態を確認すると、使用回数479回なのに「修理サービス推奨」と表示。この時点で嫌な予感・・・どれくらい使えるのかとテストしてみると、85%(30分程度使用)付近になると、突然電源が切れてしまう状態でした。嫌な予感的中です(T_T)

Macバッテリ状態を確認

中古Macのバッテリーは保証対象じゃないから諦めるしかないね。

せっかく買ったんだからモバイルで使いたかったなあ・・・

社外品だけどバッテリーを購入して交換する方法もありますよ。

せめて、2時間程度使えたら良かったんですが、さすがに30分程度しか使えないのなら、持ち運び便利な12インチを選択した意味がないと思い、互換性バッテリに交換してみることにしました。とはいえ、MacBook 12インチのバッテリー交換は分解が大変そうなので、自分でバッテリー交換した際に気を付けたいポイントを備忘録として記事にしてみました。 ※2016年製、2017年製も交換手順は同じのようです

標準バッテリーの仕様:7.55V、39.71Wh、5263mAh
MacBookのバッテリーは1000回の充放電で本来の80%の容量を保つよう設計されているそうです。
 分解、バッテリー交換によって発生した故障や怪我はすべて自己責任となります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前準備

まずはバッテリを購入

これがなければ先に進みませんので、まずはバッテリを購入しましょう。
今回はこちらを購入しましたので、これを元にした手順となっております。

■電圧:7.56V、容量:5000mAh
■充電可能回数目安:500回
■使用可能時間目安:約3時間
(充電回数や使用時間は、機種や使用方法により変わります)

バッテリーと同梱されているもの

開梱したら付属品など漏れているものがないかチェックしましょう

あると便利な工具類

星型ドライバーはバッテリーに同梱されているので、あえて購入する必要はありませんが、この3つを揃えておくと作業が楽になると思います。

  • カバーを開けたり、ストッパを外したりするときに使用する「スパッジャー」はあると便利です。
  • バッテリーは接着剤で本体に貼り付けてあるので、スクレーパーがあると便利です。
  • シール剥がしは無くても良いですが、楽に剥がせるのであると便利です。

スパッジャー、スクレーパー、シール剥がし剤があると作業が楽ですよ。

交換手順

本体底面のネジを外す(8本)

3種類の長さのネジがあるので注意

MBP12インチ底面カバー

MBP12ネジの長さ

ネジを失くさないように小物入れ等に入れておきましょう。

底面のカバーを外す

  • 写真の順番で外していきます
  • オープニングピッグがない場合は写真のように不要なカードを代用可
  • ③の付近にストッパがあります(外れるとカッチと音がする)
分解時:少し硬いので、多少は力を入れないと外れません
組立時:カッチっと音がしてストッパがハマったのを確認する

MBP12底面カバーを取り外す

底面カバーは、無理をせずにゆっくりと少しづつ力を加えて外しましょう。

Appleのロゴが見える方を上にする

  • 底面のカバーが外れないように本体を裏返す
  • 裏返したら、上部カバーを45%の角度まで持ち上げる

MBP12表に向きを変える

バッテリーの電源を切る

  • 小さなゴールドのボタンを押して、バッテリーの電源を切ります
  • ランプが点灯していたら、ボタンを10秒間長押しします
  • ランプが点灯していない場合は、ボタンを10秒間長押しを3回繰り返します
    これで、完全に電源が切れて安全に交換作業をすることが出来ます

バッテリをきちんと切り離しさていることを確認します。

offになっていないと、本体を壊す可能性があります。

MBP12バッテリーの電源off

スライドパッドケーブル取り外し

  • 本体を裏返して底面カバーを上にする
  • ピンセット等を使用してコネクタ部分の黒いカバーを剥がす
  • スパッジャー等を使用して、コネクタ部分のストッパーを慎重に上げる
    ショートしないように金属製のものは使用しないようにする
  • ケーブルを引き抜く(下側の写真)
    上部と底面カバーが分離されていないので、ケーブルの断線に注意する

MBP12スライドパッドケーブル取り外し1

MBP12スライドパッドケーブル取り外し2

基盤とバッテリーを電気的に完全に分離する

  • カバーを閉めた状態で、本体をひっくり返す(Appleロゴを上にする)
  • 上部カバーを90度に開く
    ※カバーを前回するとフラットケーブルが断線する恐れがあるので注意する
  • 上部カバーが90度以上開かないように、上部カバーの後ろに立て掛け出来るような頑丈な物を置く(重たい本を積み重ねる等)

MBP12基盤とバッテリーを分離

参考イメージ
※バッテリー絶縁ピックがない場合、不要カードで代用可能

MBP12基盤とバッテリー分離 不要カード代用

USBポートのケーブルを外す

  • 金属カバーを止めているネジ2本を外す
    2本のネジは異なっているので、使用するドライバーに注意する
  • スパッジャー等を使ってコネクタを外す
    コネクタや端子が破損しないように、真っ直ぐ上に持ち上げる

MBP12 USBポート取り外し

オーディオジャックケーブルを外す

  • 黒いストッパを上げて、ロックを解除する
  • フラットケーブルをコネクタから抜く
    取り付けるときは、白いラインが見えていることを確認

mbp12オーディオジャック取り外し

ディスプレイケーブルを外す

  • ピンセットを使用して黒いシールを剥がす
  • 金属製のストッパ(右上の写真)がシールに貼り付いていたら、慎重に分離させる
  • 金属製のストッパを上げる(左下の写真)
    黒いシールに貼り付かないように注意する
  • フラットケーブルに付いている両面テープを剥がす
  • 上部カバーと底面カバーが完全に分離させる

MBP12ディスプレイケーブル取り外し

MBP12ディスプレイケーブル取り外し2

オーディオジャック用、右スピーカー用のケーブルを外す

  • ピンセットを使用して黒いシールを剥がす
  • 黒いストッパを上げる
  • コネクタからフラットケーブルを抜く

MBP12オーディオジャック、右スピーカーケーブル取り外し

MBP12オーディオジャック、右スピーカーケーブル取り外し2

無線アンテナケーブルを抜く

  • 黒いシール(薄いクッション性)を剥がす
  • 無線アンテナコネクタが見えるので、ピンセットを使用してコネクタを外す
    コネクタとソケットは易いので、コネクタのみを持ち上げるようにする

MBP12無線アンテナケーブルを抜く

左側オーディオケーブルを外す

  • スパッジャー等を使用して、コネクタを持ち上げるように外す

MBP12左オーディオケーブルを外す

基盤を外す

  • ネジを外す(T5 トルクスネジ)
  • フラットケーブルに気をつけて、基盤を取り外す

MBP12基盤の取り外し

バッテリを取り外す

  • 番号順にバッテリを取り外していきます
  • 取り外しするときは、接着剤剥がし用の液体とスクレーパー等を使い、慎重に剥がしていきます。絶対に強い力で無理やり剥がさないようにして下さい。
     ※スクレーパーの替わりに不要のカードで代替可能
     ※全て外した後、残った接着剤もキレイに取り除く

    バッテリーを変形させないように注意
    破損や穴の開いた電池は、危険な化学物質の漏れや発火の恐れあり

MBP12バッテリー取り外し

MBP12バッテリーを取り外したあと

新しいバッテリを取り付けする

  • まずはバッテリを仮置きして、取り付け位置を確認する
    この時点では、まだ新しいバッテリーに貼ってある透明なフィルムとバッテリー裏側の接着テープの保護は剥がさない
  • 取り付け位置を確認(写真左)したら、番号順にバッテリーの粘着テープをはがして、セル一つごとに取り付けしていく
  • 6つのセル全ての粘着テープを剥がしたら、透明なフィルムを剥がす(写真右)

MBP12新しいバッテリーを取り付ける

組み立て

組み立ては分解手順の逆で作業すればよいです。
「15.新しいバッテリを取り付けする」
→「1.本体底面のネジを外す(8本)」の順

以上でバッテリー交換手順は終わりです。お疲れさまでした。

分解と組立、お疲れ様でした。

動作確認

交換後、無事に起動することが出来たら、「リンマーク→このMacについて→システムレポート→ハードウェアの電源」でバッテリの状態を確認します。
正常であれば、下の赤枠ように表示されているはずです。こんな感じの表示になっていれば、ようやく交換作業が完了ですが、もし動作が異常だった場合はSMCリセットを試してみましょう。

SMCリセットの方法
キーボードの「shift + control + option」キーと電源のボタンを同時に10 秒間押し続ける
すべてのキーから指を放す
電源ボタンを押して起動する

MBP12 バッテリー状態確認

その後の使用感

バッテリーのエラーも表示されなくなったのと、使用時間が長くなったのが嬉しいですね。いまのところ、インターネットを見ているだけなら、4時間位は持ちそうな感じです。そもそもAppleの標準バッテリーで何時間使えるのかわからないので、比較は出来ませんが、4時間位持ってくれるなら十分かなと思います。

電源アダプターなしでMacBookを使えるのは快適です

2023年1月追記
交換後、1年経ったときに突然、バッテリーが充電されなくなりました。互換性バッテリーなので仕方ないかもしれませんが、出来ればもう少し長く使えたら良かったのに・・・ガッカリ

おわりに

自分でバッテリー交換をするリスクはありますが、交換後はバッテリー残量を気にせずに快適に使えるようになります。まだ外出先で使いたいと思っている方は、是非とも参考にしてみてください。

分解によって発生した故障や怪我はすべて自己責任となります

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました